うつ病を治そう

トイレ

仕組みと知っておきたい情報とは

現代人は、うつ病になりやすいといわれています。これは、単に脳の問題ではなく時代が大きく影響しています。40年以上前は、これから日本もさらに右肩上がりで成長していき、一人一人の給料も増えて生活もさらに豊かになるのではないかとの期待がありました。ところが、最近の20代を見ると、将来の暗いイメージしか頭に浮かんでいない傾向があります。そのような人は、先の人生に対する不安でいっぱいになってしまい、結果的にうつ病になる傾向があります。うつ病の仕組みは、人間には自我がありその自我に対して期待感が薄いとメンタルが崩れうつ病になる傾向があるようです。そこで、最近はトイレ掃除をすすめている医者も少なくありません。なぜうつ病を治すために、トイレ掃除をしなければならないのでしょうか。実は、トイレ掃除は自我を消し去ることができるとされています。トイレ掃除を一身にやることで、自分の欲を忘れることができるわけです。これを定期的に続けると、自我が少し消えていきうつ病から解放される仕組みになります。そのため、クリニックなどに行くと掃除を推奨する医者もいますが、決してこれはおかしくはないことに気がつくはずです。まずは、自分の家のトイレ掃除をしてみるのがよいでしょう。掃除をする場合には、特に専用の道具などを備える必要はありません。最初は抵抗があるかもしれませんが、毎日行ううちに少しずつ心がきれいになっていきます。これを半年ほど続けていくと、かなりの確率でメンタル安定して気持ちがさわやかになっていくでしょう。結果的に、メンタル面でいやな気持から解放されるようになります。

うつ病になりメンタルが壊れているときには、トイレ掃除をするのがよいことが理解できたはずです。メンタルが壊れる場合には、実は表面的な問題ではなく、心の底に問題があることが理解できます。例えば、会社の上司がうるさくてうつ病になった場合は、会社の上司が嫌なことが原因と考えている人もいるはずです。一見正しいように感じますが実際は必ずしも正しいわけではありません。あくまで、会社の上司はうつ病の引き金の一つになっただけで、直接的な原因ではありません。なぜなら、会社の上司と接している人がいっぱいいるのに、全員がうつ病になったわけではないからです。そこで、違う視点から見ていくと、うつ病になった原因は自分の中にあることが理解できます。自分自身がまじめに考えすぎていて、しかも自分に対しても人に対しても理想が高いことが原因になっているとも言えます。理想が高いということは、違う言葉に置き換えると、期待感が強いことを意味しているわけです。将来の自分に対して期待しているにもかかわらず、全くそれが実現しないとすれば、心の中で現実と理想のねじれが生じてしまうわけです。この部分に気付かせてくれるのが、精神科や心療内科といえるでしょう。その中で紹介しているのが、トイレ掃除になります。トイレ掃除をすることで、現実と理想をもう少し穏やかに考えるようになり、自分の中の高いハードルを下げることに成功するでしょう。結果的に、現実と理想のギャップが少しずつ減っていきうつ病が治るわけです。それと同時に、自分の高い理想を下げることで自分自身を許してあげることも、そして周りを許してあげることもできるようになります。結果的に、穏やかな毎日を過ごすことができるでしょう。